ウッドデッキの維持について

自宅に設置するウッドデッキは作り方も比較的単純なので、
業者に依頼してもそれほど費用をかけずに依頼することができます。
DIYが趣味という方なら、一から自分で作ることができるとも言われています。
良い使い方を思いつけば、自宅で過ごす時間をより充実したものにすることができるように、使い道は人それぞれです。
一度設置したウッドデッキはそのままにしているとどんどん劣化していき、
最終的には破損する可能性が出てきてしまいます。
ウッドデッキを取り付ける際は、一緒にその後の維持についても調べてみましょう。

 

ウッドデッキは木や木材を加工した何らかの素材で作られますが、
物によっては簡単に劣化して壊れてしまいます。
木材を使用する場合は雨で木材を腐らせないように何らかの塗装を行って水による劣化を防ぎます。
しかし、長年雨風にさらされ続けることで、徐々に塗料は落ちてしまいます。
そのため、常に綺麗な状態を保つためにも、何年かに一度は塗料を塗りなおして、
元どおりの綺麗な状態になるようにメンテナンスを行うようにしましょう。
塗料の寿命については商品によっても差が出ますが、
短いものだと1年でかなりの塗料がはがれてしまうといわれています。
そのため、定期的な塗料の塗りなおしは欠かさず行うようにしましょう。

 

ウッドデッキは表面塗装の寿命にさえ気をつければ、
大体20年は使い続けることができるといわれています。
手作りの場合は設置当初は気づかなかったミスのせいで急に破損してしまうこともありますが、
きちんと設計して定期的なメンテナンスを行えばかなりの期間使い続けることができるので、
最初の取り付けの時点できちんと使い続けることができるものを作るようにしてください。