ウッドデッキのメンテナンス方法とは?

ウッドデッキを長持ちさせるために、大変重要なことがあるとすれば、
やはり日々のメンテナンスとなります。

 

ハードウッドやソフトウッドなど、材木の違いでも大きく耐久性は変わっていきますが、
やはり日々のメンテナンスをするだけでも、数年後のウッドデッキに大きな差が出ます。

 

ここでは、ウッドデッキのメンテナンスに必要な日常のメンテナンスをいくつか紹介しましょう。

 

●日常行いたい、簡単なメンテナンス
まず、簡単に毎日でもできるウッドデッキのメンテナンスを見ていきましょう。
床板の表面に溜まった砂埃など、こちらを取り除きます。
埃などの汚れによる劣化はもちろんですが、
見た目にも良く無いので部屋を掃除する感覚で必ず毎日行いましょう。

 

●水洗い
毎日ウッドデッキを水洗いするというのは難しいでしょう。
さらに、あまり水を含ませると腐る可能性もあるので、注意です。
おすすめなのは、年に1回から2,3回、ウッドデッキを高圧洗浄機で洗うことです。
もちろん、木材を傷つけるようにではなく、上手に行いましょう。
高圧線洗浄機をお持ちで無い方の場合は、デッキブラシなどを利用して、
一週間に一度は掃除をしてください。

 

●塗装もメンテナンスの一環
最近ではウッドデッキ専門の業者でも解説されていますが、
当然ですが、木材は経年変化していきます。
天然木は、それが味わいとなってきますが、
やはりキレイなままで使いたい方は塗装もメンテナンスのひとつです。
オイルステインなどは、皮膜を作らないので、木が呼吸できる塗装剤です。
防腐効果も期待ですので、バランス良く日々のメンテナンスに使いたいですね。