ウッドデッキって何?

DIYの一環として庭に設置するのを薦められたり、
リフォームの際に取り付けを薦められたりと、
色々な形でウッドデッキについて耳にすることがあるかと思いますが、
そもそもウッドデッキとは何なのでしょうか。
ウッドデッキは木材などを使って作る構築物の一つで、
床下構造だけを外に設置して、足場として利用するというものです。
床下だけを作るシンプルなものなので、自分で作成することもできますし、
専門業者に依頼しても、比較的安く導入できることから、庭の使い道をさらに広げることができます。
 

 

ウッドデッキの使い道は人それぞれで様々です。
テーブルなどを設置して庭で食事などを楽しめるようにしたり、ウッドデッキチェアを設置し、
日の光を浴びながらのんびり過ごせる空間を作ったり、
物干し台や収納スペースなどを設置して家事をより楽に行えるようにしたりと、
日常生活をよりよいものにするために様々な形で活用することができるので、
庭がただあるだけの状態になっている方も、庭を有効活用するきっかけを作ることができます。

 

ウッドデッキは設計次第で様々な使い方ができるので、
同じウッドデッキでも設置した方のプランによって見た目なども大きく変わります。
そのため強い個性が現れる点も人気を集める要因になっているようで、
手作りでウッドデッキを作る方もいれば、ウッドデッキを専門に製作する業者があったりと、
作る側にとってもこだわりが強くでる場所といえます。
もし庭のスペースが余っていて、自宅をよりよいものにしたいのであれば、
自分オリジナルのウッドデッキを導入してみてはいかがでしょうか。